メインバンク、マスマーケティングとは?

メインバンクとは?@

メインバンクというのは、ある企業の主要株主であると同時に
最大の債権者でもある銀行のことをいいます。

 

メインバンクは、取引先企業と緊密な関係を有し、
その企業が経営危機に陥った場合には、

 

再建支援についての取引銀行間の調整を行うなど、
企業の経営に関しても責任を負うのが通例となっています。

メインバンクとは?A

しかしながら、近年では、
このような制度的慣行にも
変化がみられるようになっています。

大手企業のメインバンクの特徴は?

大手企業のメインバンクの特徴としては、
次のようなことがあげられます。

 

■取引先企業の株式を積極的に取得し、上位の株主になっている。
■当座預金取引、外為の取扱い、社債の受託等の融資以外の取引においても、主力の取引関係をもっている。
■取引先企業に役員を派遣するなど、人間関係を結んでいる。
■情報の生産と伝達を企業に対して行なっている。

マスマーケティングとは?

マスマーケティングというのは、
テレビや新聞などのマスコミ媒体※を用いた
マーケティング手法のことをいいます。

 

※大量情報伝達媒体

マーケットシェアとは?

マーケットシェアというのは、
単に「シェア」ともいいますが、
市場占有率のことをいいます。

 

また、企業の独占度の指標となる
商品の販売高の比率のことです。

 

スポンサーリンク