マルチ商法とは?

マルチ商法とは?

マルチ商法は、
直訳すると多層販売法となりますが、
「連鎖販売法」ともいいます。

 

具体的には、ネズミ講に似た方式で、
販売員を組織化するという特徴があります。

 

なお、過去には後から加入した会員になると、
約束したほど利益が上がらず、
社会問題化しました。

マルチ商法の組織化

マルチ商法では、
本部会社と独立の加盟社(販売員)が、

 

次々に他の者を販売組織に加盟させ、
組織内の上級に昇進させることによって、
組織の拡大を図ります。

マルチ商法の社会問題化

マルチ商法の組織の拡大には限界がありますので、
後から加入した会員になると
約束したほど利益が上がらず、
過去に社会問題化しました。

マルチ商法と特定商取引法

特定商取引法(旧訪問販売法)では、
次のようなことが規定されています。

 

■書面交付の義務づけ
■広告規制
■不適切な勧誘行為の禁止
■クーリングオフ(20日)...など

 

スポンサーリンク