窓口指導とは?

窓口指導とは?

窓口指導というのは、主に金融引締時に、
日銀が取引先金融機関に対して、

 

貸出増加額を適当と認める範囲内に留めることなどを
勧告あるいは指導することをいいます。

 

なお、この窓口指導は、
1991年7〜9月期から廃止されています。

窓口指導の内容は?

窓口指導の内容というのは、
その時々の金融情勢に合わせて変化してきており、

 

それに応じて
「ポジション指導」とか「貸出増加額規制」
とも呼ばれてきました。

 

ただし、1982年以降は、
各金融機関の自主的な貸出計画を尊重する
という考え方で運営されています。

窓口指導の位置づけは?

窓口指導というのは、
制度的に確立したものではありません。

 

すなわち、窓口指導は、
あくまでも金融機関の協力を前提とした
一種の道徳的説得といえます。

 

なので、窓口指導は、本来、
次のような正当な金融政策手段を補助する手段
という位置づけになります。

 

■公開市場操作
■公定歩合操作
■預金準備率操作...など

 

スポンサーリンク