本支店間レート、メーカー系割賦販売会社、メンテナンスリース、金種とは?

本支店間レートとは?

本支店間レートというのは、
同一銀行の本支店相互間の

 

資金移動を行う際に付利される
金利水準のことをいいます。

本支店間レートを採用する理由は?

本来であれば、
同一銀行の本支店間の資金移動は、
同一企業内における内部関係にすぎませんから、
これに付利することは無意味ともいえます。

 

しかしながら、
各店独立採算制をとっている場合には、
独立性を高めるために、
支店の体外資金移動に付利をしているのです。

 

なお、本支店間レートは、
ALM(資産負債総合管理)の有効な管理手段ともなっています。

メーカー系割賦販売会社とは?

メーカー系割賦販売会社というのは、
単に「メーカー割賦」とも呼ばれますが、

 

家電、乗用車などの大手メーカーが、
系列小売店に対して、
クレジット販売の取扱いを行なうために
設立、運営しているクレジット会社のことをいいます。

 

スポンサーリンク

メンテナンスリースとは?

メンテナンスリースというのは、
ファイナンスリースに、
補修や修繕などの「サービス」特約が付いている
リース契約のことをいいます。

金種とは?

金種というのは、一般には、
授受される通貨の種類のことをいいます。

 

金種は、不動産取引においては、
現金か小切手かとの区別に使用されることが多いです。

 

また、金種は、
売買契約に基づく代金の支払方法について、
売主・買主双方とよく打ち合わせをし、

 

その代金の支払いをする金員を、
現金でいくら、小切手類でいくら
と振り分けておくことをいいます。

 

スポンサーリンク