保佐人、補佐人(輔佐人)とは?

保佐人とは?

保佐人というのは、
2000年4月施行の成年後見制度において、

 

被保佐人を
保佐するものとして付される機関のことをいいます。

保佐人の同意権

被保佐人が
重要な財産上の法律行為をする場合には、
保佐人は同意権を有します。

 

よって、同意なしにした行為は
取り消すことができます。

保佐人の代理権

保佐人は、代理権は持ちません。

 

しかしながら、審判により
特定の法律行為について代理権を付与されます。

 

スポンサーリンク

保佐人の義務は?

保佐人は、保佐の事務を行うにあたり、
被保佐人の意思を尊重し、

 

その心身の状態と
生活の状況に配慮しなければなりません。

補佐人(輔佐人)とは?

補佐人(輔佐人)というのは、
民事訴訟において、

 

当事者や訴訟代理人に付き添って
裁判所に出頭し、
これらを補佐して
訴訟行為を行う者のことをいいます。

 

なお、補佐人が述べたことを、
当事者や訴訟代理人が
すぐに取り消したり訂正をしないときには、
自分でそれを述べたものとみなされます。

補佐人(輔佐人)が用いられるのは?

補佐人は、特別の事件について、
専門家などに説明をしてもらうときに多く用いられます。

補佐人の出頭許可

当事者や訴訟代理人が、
補佐人とともに出頭するには、
裁判所の許可が必要になります。

 

スポンサーリンク