契約締結上の過失の類型は?/契約締結等の時期の制限とは?

契約締結上の過失の類型は?@

契約締結上の過失の類型としては、
次のような場合です。

 

■契約締結の準備段階において過失があったけれど、契約締結に至らなかった場合

 

■契約締結の準備段階に過失があり、不利な内容の契約を締結させられた場合

 

■契約が原始的に不能であることを過失により知らずに締結し、契約が不成立または無効となる場合

 

では、以下、具体的にみていきたいと思います。

契約締結上の過失の類型は?A

契約締結の準備段階において過失があったけれど、契約締結に至らなかった場合
⇒ マンション販売業者が相手方の希望を入れて設計の変更・工事の手直しまでしたのに、契約締結に至らなかった場合

 

■契約締結の準備段階に過失があり、不利な内容の契約を締結させられた場合
⇒ マンションの売主が、隣接地に高層建築物が建つのを知りながら、これを秘し、買主が日照の被害を受けた場合

 

■契約が原始的に不能であることを過失により知らずに締結し、契約が不成立または無効となる場合
⇒ 売買の目的である建物が契約締結の前に焼失していた場合...など

契約締結等の時期の制限とは?

青田売り売買等のように、
契約締結時に未完成の物件については、
契約締結時から現実に物件が完成するまでに、

 

次のような事由によって、
買主等に不測の損害が生じるおそれがあります。

 

■設計変更のため、当初の完成予想図とのくい違いの発生
■完成時期の遅延等

 

このため、宅建業法では、宅建業者に対して、
宅地の造成工事や建築工事の完了前は、

 

開発許可や建築確認などの許可等を受けた後でなければ、
売買や交換の契約当事者として契約の締結をしたり、
代理や媒介をしてはならないと定めています。

 

ちなみに、予約契約も規制の対象になっています。

 

スポンサーリンク