布基礎、土台の防腐・防蟻対策とは?

布基礎とは?@

布基礎というのは、
帯状に連続している
コンクリートの基礎のことです。

 

軟弱な地盤以外、
一般に木造住宅の場合は、布基礎にします。

布基礎とは?A

特に2階建ての住宅では
基礎に鉄筋をいれ、
フーチングになっている必要があります。

 

フーチングというのは、
布基礎下部の横幅を広くした部分のことで、
ちょうど逆T字型になっています。

 

土台を載せる布基礎上部の幅は
12cm以上で、かつ土台の幅以上は必要です。

 

また、掘り下げの深さは地盤面下12cm以上で、
設計地耐力の地盤までとするとともに、
建設地域の凍結深度以上とします。

 

さらに、地面からの湿気により
土台や柱などの木部を腐らせないために、
床下換気口が複数必要になります。

 

なお、換気口の広さは、
300p2以上で4m以内の間隔で設けるのが理想です。

 

スポンサーリンク

土台の防腐・防蟻対策は?

土台などの木部のまわりに
防腐・防蟻対策が施されているかを確認します。

 

処理方法には、次のものがあります。

 

■JASマークに適合しているものを土台に使うケース
■薬剤によって現場処理をするケース

 

土台、外壁の柱、間柱、筋違い、下地材を含めて、
地盤面から1m以内の部分に塗ることになっていますが、
薬剤が塗られているところというのは、
木の色よりも濃い茶色になっていますので、
チェックはしやすいです。

 

なお、次のような場所について、
耐朽性、耐蟻性の高い木材を選んでいるかどうかもチェックします。

 

■水まわりの軸組み
■天井下地
■床組み
■台所などの湿気のある場所...など

 

スポンサーリンク