2×4(ツーバイフォー)工法

2×4(ツーバイフォー)工法とは?

2×4工法というのは、
床・壁・天井の6面体の構成を基本とした
箱状の構造体です。

 

在来工法は柱と梁で建物を支えるものでしたが、
こちらの2×4工法では壁が建物を支えるので、
壁組み工法とも呼ばれます。

2×4(ツーバイフォー)工法のメリットは?

2×4工法のメリットとしては、
次のようなものがあげられます。

 

●地震や台風など外からの力が加わった場合に、
その力が1か所に集中することなく床や壁に分散されます。

 

●断熱材を多用して気密性を高めることが可能です。

 

●パネルの組み合わせによる構成なので、
屋根裏に構造材が露出することなく、
屋根裏を収納や居室として利用できます。

 

●部材が規格化されていますので、
システム化が容易なため施工のバラツキが少なく、
工期も比較的短期ですみます。

2×4(ツーバイフォー)工法のデメリットは?

2×4工法のデメリットとしては、
次のようなものがあげられます。

 

●壁で支えるので、開口部を
在来工法ほど広くとることができません。

 

●将来、増改築する際には、制約を受けやすいです。

 

スポンサーリンク

木造在来工法と2×4工法ではどちらを選んだらよいですか?

建築関係の人からすると、次のような理由から、
総合的には、
木造在来工法をすすめたいという答えが多いようです。

 

■日本の気候風土への適応性
■外観設計
■間取りの自由性
■増改築のしやすさ...など

 

ただし、火災には弱いので、外壁や内装材によって
それを補う必要はあるということのようです。

 

わかりやすくいうと、
木造在来工法と2×4工法というのは、
以下のようにいえそうです。

 

■木造在来工法
木造在来工法というのは、自然と共存しながら開放的につくられたものである。

 

■2×4(ツーバイフォー)工法
2×4(ツーバイフォー)工法は、欧米が育んだ箱型住居で、
外部の自然環境を遮断するシェルターの要素が強いものである。

 

ちなみに、標高が高い寒冷地や北海道などでは、
2×4(ツーバイフォー)工法の住宅のほうが広く普及しているようです。

 

スポンサーリンク