一戸建て住宅の建築工法は?

一戸建て住宅の建築工法にはどのようなものがありますか?

一戸建て住宅の建築工法には、
次のようなものがあります。

 

■木造在来工法
■2×4(ツーバイフォー)工法
■鉄骨軸組工法

木造在来工法とは?

木造在来工法は、
木の柱と梁を組んで建てていく工法です。

 

この木造在来工法は、
日本特有の自然環境や条件
(高温・多湿、台風、地震など)
のなかで生まれたもので、伝統と実績のあるものです。

木造在来工法のメリットは?

木造在来工法のメリットとしては、
次のようなものがあげられます。

 

●木材は呼吸していますので、湿度を調整する機能が高く、
木の特性がそのまま住宅の性能に反映されます。

 

●木材は加工しやすく、木造在来工法は
柱と梁で建物を支えるので、
複雑な形状の敷地に合わせて建てることができます。

 

●開口部を大きくとるなど設計の自由度も高く、
多彩なプランに対応可能です。

木造在来工法のデメリットは?

木造在来工法のデメリットとしては、
次のようなものがあげられます。

 

■2×4工法と比較して、細かい技法が必要になるので、
施工面でバラツキが生じることがあります。

 

スポンサーリンク