返済・金利タイプごとの一部繰り上げ返済は?

効果的な一部繰り上げ返済はどのようになりますか?@

返済・金利タイプごとに効果的な
一部繰り上げ返済(内入れ)は、
一般的には以下のようになります。

 

■一部繰り上げ返済の実行時期
一部繰り上げ返済は、
できるだけ早く実行するほど効果が高いです。

効果的な一部繰り上げ返済はどのようになりますか?A

■2つ以上のローン
複数の住宅ローンを組んでいる場合は、
金利の高い方への一部繰り上げ返済を
優先した方が効果的です。

 

※2つ以上のローンを比べる場合には、毎月返済額や借入金残高
などにより、損得が変わるケースもあります。

 

■ボーナス併用返済と毎月返済
ボーナス併用返済のローンと
毎月返済のみのローンとがある場合には、
ボーナス併用への一部繰り上げ返済を
優先した方が効果的です。

 

■元金均等返済と元利均等返済
元金均等返済と元利均等返済のローンがある場合には、
元利均等返済への一部繰り上げ返済を
優先させた方が効果的です。

 

■段階金利
段階金利のあるローンは、
段階金利前の方が効果的です。

 

スポンサーリンク

一部繰り上げ返済(内入れ)とそのメリットは?

一部繰り上げ返済は、
住宅ローンの返済期間中に、
毎月返済とは別に
一定額以上の額をまとめて返済することです。

 

この一部繰り上げ返済のメリットとしては、
元金をまとめて返済してしまうので、
その元金にかかるはずの利息分だけ
支払わなくてもよくなるということがあげられます。

 

例えば、元利均等返済の場合は、
当初の返済額は
利息分の割合がとても多いですから、

 

一部繰り上げ返済をするのが
早ければ早いほど、
その後に支払うはずだった利息が減ることになります。

 

このように、
一部繰り上げ返済を上手に利用すれば、
毎月返済額の負担を軽減させたり、
総返済額を減らすことも可能ですので、
ぜひとも活用したいところです。

 

スポンサーリンク