買い換えには旧ローン完済が必要?

買い換えをする際には、旧住宅ローンの完済が必要ですか?@

一般的に、担保不足の物件では
新たに住宅ローンを組むことができません。

 

なので、買い換えをする場合には、
一旦、現在の住宅ローンをすべて返済してから、
新たに住宅ローンを申し込むことになります。

買い換えをする際には、旧住宅ローンの完済が必要ですか?A

ただし、他の物件を担保として提供するとか、
不足する分を補填できるだけの自己資金を用意する
といったケースでは、

 

現在のローンを完済していなくても
新たなローンを組めることもあります。

 

しかしながら、
通常の場合、困難なケースが多いと思います。

 

現在の住宅ローンが完済できていない状態での
買い換えを希望する場合には、
「買い換えローン」を取り扱っている金融機関に
相談してみるとよいとでしょう。

住宅の買い換えとはどのようなことをいうのですか?

マイホームの買い換えは、
住宅ローンの返済をしている現在の土地や建物を売り、
住宅ローンを完済したうえで
新規に住宅を購入することです。

 

現在は、住宅価格が
取得時よりもかなり下落していることが多いと思われますので、

 

買い換えを検討する際には、
現在のマイホームを売っても
ローンが残ってしまうということには注意したいです。

 

スポンサーリンク

現在のローンが完済できない状態でも買い換えローンは組める?

現在の住宅ローンが完済できない状態で
買い換えを希望している方向けに
「買い換えローン」という商品があります。

 

金融機関によっても異なるのですが、
りそな銀行などの「買い換えローン」では、
一定の条件を満たすことで、

 

新規に購入する住宅の担保評価額の
最大300%といった条件で
住宅ローンが組めるケースがあるようです。

 

「買い換えローン」でローンを組むと、
返済総額は多くなりますが、
ローンの組み方を工夫すれば、
毎月返済額の軽減などもできるようになっています。

「買い換えローン」のデメリットは?

「買い換えローン」のデメリットとしては、
一般的に新規に購入する買い換え住宅が、
金融機関が指定する提携不動産会社の物件に
限られてしまうということがあげられます。

買い換えの際には税金の軽減措置はあるのですか?

新規に住宅ローン組むときと同じように、
買い換えの際にも、譲渡損失の繰越控除をはじめ
多くの軽減措置が設けられています。

 

具体的な軽減措置の内容については、
別ページで解説していますので、参考になさってください。

 

スポンサーリンク