契約書の印紙税額はいくら?

契約書にかかる印紙税の税額はどうなっていますか?@

契約書にかかる印紙税の税額は、
契約書に記載されている金額(売買代金)に応じて
以下のように決められています。

 

以下、具体的にみていきたいと思います。

契約書にかかる印紙税の税額はどうなっていますか?A

<売買契約書の場合>
■100万円超500万円以下 ⇒ 2,000円
■500万円超1,000万円以下 ⇒ 10,000円
■1,000万円超5,000万円以下 ⇒ 15,000円
■5,000万円超1億円以下 ⇒ 45,000円

 

<ローン契約書の場合>
■100万円超500万円以下 ⇒ 2,000円
■500万円超1,000万円以下 ⇒ 10,000円
■1,000万円超5,000万円以下 ⇒ 20,000円
■5,000万円超1億円以下 ⇒ 60,000円

 

<工事請負契約書の場合>
■100万円超200万円以下 ⇒ 400円
■200万円超300万円以下 ⇒ 1,000円
■300万円を超える場合 ⇒ 売買契約書に同じ

 

上記は、例えば、
3,000万円の住宅ローンを借りて
4,000万円の住宅を購入する契約を結ぶ場合には、

 

売買契約書には15,000円、
ローン契約書には20,000円
の印紙税が課税されるということです。

印紙税についての留意点は?

印紙税を納める際には
以下の点に注意してください。

 

●契約書に金額の記載がない場合には、200円になります。

 

●値引きが行われたケースで、契約書の金額が
値引き前の金額になっている場合には、
値引き前の金額の印紙税がかかりますので注意してください。

 

●印紙税は、消費税を除いた部分に課税されますので注意してください。

 

スポンサーリンク