返済能力とは?/借入額の上限は?

返済能力とはどのようなものですか?@

返済能力というのは、
年収に占める年間ローン返済額の割合のことをいいます。

 

住宅ローンというのは、
借りたい人が借りたいだけ借りられるわけではなく、

 

あくまでも、借りる人の返済能力によって
その額が決められることになります。

返済能力とはどのようなものですか?A

なお、住宅を取得して、
ゆとりある返済をしていくには、
物件価格のおよそ30%程度※の頭金を
現金で用意しておくようにしたいものです。

 

※物件価格×20%+諸費用

返済能力の具体的な基準は?

返済能力の具体的な基準としては、
フラット35と民間金融機関では次のようになっています。

 

■フラット35
・返済比率は年収300万円未満では25%以内、700万円以上では40%以下というように年収に比例しています。
※一般的に理想的な返済比率というのは、20%程度と言われています。

 

・フラット35の返済能力の基準には、「月の返済額の4倍以上の収入があること」や「年間借入返済総額が年収の25〜40%であること」というものがあります。

 

■民間金融機関
・民間金融機関の返済能力の基準としては、「年間借入返済総額が年収の40%以内」というのが多いようです。

 

・返済比率の上限については年収によって違いますので、確認するようにしてください。

建築費の割合や物件の購入価格によっても借入額に上限がある?

金融機関によっても異なるのですが、
一般的には、物件価格の80%を基準として、
ローンの借入額には
物件の購入価格等による上限が設けられています。

 

ただし、近年は、
提携ローン等を利用した頭金不要の商品もあります。

 

スポンサーリンク