年収と返済比率の関係は?

フラット35の返済比率はどうなっているのですか?

フラット35の返済比率は、以下の表ようになっています。

 

300万円未満 25%以内
300万円以上400万円未満 30%以内
400万円以上700万円未満 35%以内
700万円以上 ⇒ 40%以内 40%以内

返済比率を算出するときの金利は、実際の融資金利によっているの?

返済比率を算出するときの金利というのは、
実際の融資金利ではなくて、
金融機関によって独自の金利が採用されています。

 

つまり、その時々の金利情勢に
あわせた金利が採用されているのです。

返済比率を算出する際の年収というのは手取額なのですか?

返済比率を算出する際の年収というのは、
手取額ではなくて支給額になります。

 

スポンサーリンク

年収と返済比率の関係はどのようになっているのですか?

住宅ローンでは、
将来にわたって安心して返済できるよう、
年収により
年間の返済金額に基準を設けています。

 

この基準は、通常、年収の低い人ほど、
年収に占める年間返済金額の基準は厳しくなります。

 

これは、収入が低い人の方が、
年収に占める生活費の割合が高くなるからです。

 

ちなみに、返済比率の上限が40%以内というのは、
どの金融機関でも同様のようですが、

 

年収区分については、
公的な金融機関と民間の金融機関とでは
異なることがありますので確認するようにしてください。

 

なお返済比率の基準の緩さでは、
一般的には、都銀、地銀、信金・信組の順になります。

返済比率から借入額をどのように決めたらよいのですか?

返済比率というのは、あくまでも審査基準の一つです。

 

ですから、これがすなわち
「借りられる額=返せる額」
になるわけではありません。

 

よって、実際の資金計画を立てるときには、
返済比率から単に算定するのではなくて、

 

教育費や食費などの生活費を
圧迫しないような返済金額を明らかにして、
その上で借入額を決めるようにします。

 

スポンサーリンク