土地を買ってマイホームを建てるのは?

土地を買ってから住宅を建設するケースは?

あらかじめ土地を買ってから
住宅を建設するケースには次の2つがあります。

 

■あらかじめ建築条件が決められているケース
こちらのタイプは、手付金と建物完成時の
残金一括払いの2回払いができるところが多いようです。

 

■まず土地を購入し、建物については工務店や設計士にオーダーメイドするケース
こちらのタイプは、頭金を多く用意する必要があります。

土地を購入してから住宅を建設する場合は頭金が多く必要?

あらかじめ土地を購入してから
その上にマイホームを建設する場合には、
頭金が多く必要になります。

 

これは特に、中小規模の地元工務店に
依頼するような場合に多いのですが、

 

土地の購入時、建物の手付金、中間金、残金と
支払いが4回以上になることがあるからです。

 

一般的には、金融機関の資金交付というのは2回までですから、
あらかじめ頭金が多く必要だとわかっている場合には、
はじめから頭金を多めに準備しておくとか、

 

資金交付について
柔軟な金融機関を探すとかいった対応をしておきたいところです。

 

また、土地登記費用や引越費用なども
頭金で用意するのがベターです。

 

そして、土地のローンについては、
購入価格の7割を限度としている金融機関も多いです。

 

よって、手付金を含めても
3割程度は現金で用意する必要があります。

 

スポンサーリンク