金利1%の上昇による返済額の増加は?

金利1%の上昇によって返済額はどれくらい増加するのですか?@

金利が1%上昇すると
返済額がどれくらい増加するのかということですが、

 

一般的には、金利が1%上昇すると、
総返済額は、およそ1.1倍〜1.15倍程度
増加するといわれています。

金利1%の上昇によって返済額はどれくらい増加するのですか?A

また、1%金利が上昇した場合の
返済額の差額というのは、
金利が高いほど大きなものとなります。

 

具体的には、同じ1%の金利の上昇でも、
1%→2%への上昇のときよりも、
3%→4%への上昇のときの方が、返済額の差額は大きくなります。

 

今はまだ金利の低いときですが、
金利はいつ上がっても不思議ではありませんから、
いつ金利が上がっても大丈夫なように、
金利が上がった場合のシミュレーションをしておくことは重要です。

金利が1%上がったときの返済額の差額は?

ここでは、
次のような具体例で見てみたいと思います。

 

■3,000万円の住宅ローンを組む
■返済期間は30年間
■ボーナス返済はなし

 

この例ですと、下表に示すとおり、
1%→2%への金利の上昇では、
毎月返済額は14,394円だけしか増えていませんが、

 

4%→5%への金利の上昇では、
毎月返済額は17,821円も増えています。

 

毎月返済額で考えると
それくらいは対処できると考えがちですが、
これを長期間の総返済額で考えると、かなりの差額になってきます。

 

よって、こうしたリスクを見据えつつ、
より自分に見合った金利タイプを選ぶことが大切です。

 

金利 毎月返済額 1%金利上昇による差額 総返済額 1%金利上昇による差額
1% 96,492円 34,737,068円
2% 110,886円 14,394円 39,918,913円 5,181,845円
3% 126,481円 15,595円 45,533,236円 5,614,323円
4% 143,225円 16,744円 51,560,852円 6,027,616円
5% 161,046円 17,821円 57,976,735円 6,415,883円

 

スポンサーリンク