ボーナス返済の割合は?

ボーナス返済の利用についてはどう考えたらいいの?@

近年は、特に以前よりも
ボーナスが企業の業績に左右されるようになっていますし、

 

また、年俸制を導入する企業が
増加している背景などから考えましても、

 

住宅ローンを組む際に、
過度にボーナスに頼った返済プランを立てるのは
リスクが高いと思われます。

ボーナス返済の利用についてはどう考えたらいいの?A

よって、住宅ローンを組む際には、
ボーナスに頼りすぎた返済プランというのは
避けた方が無難です。

 

安心したゆとりある返済にするには、
「毎月の返済」
で賄えるくらいの返済プランにすることが大切です。

もしボーナス払いをする場合にはどのくらいの割合がいいの?

一般的には、
金融機関の住宅ローンにおけるボーナス払いというのは
4〜5割くらいまでと言われています。

 

なので、ボーナス払いの割合を大きくすると、
毎月の返済が楽な反面、
当然ボーナス時の負担は大きくなってしまいます。

 

ですから、返済プランとしては、
あくまでも基本は「毎月払い」で、
ボーナス払いは多くても2割程度までとしておくと、
安心できるゆとりのある返済となるでしょう。

 

スポンサーリンク

ボーナス払いを利用すると具体的な支払額・総返済額はどうなるの?

具体例として、
借入金額3,000万円、金利3%、期間35年
とした場合の概算で見てみたいと思います。

 

このケースで
「ボーナス返済なし」と「ボーナス返済50%」
を比べますと、

 

「ボーナス返済50%」の方は、
毎月の返済額が半分程度になるのですが、
ボーナス月はおよそ4倍ほどの返済額になり、
さらに総返済額も高くなっています。

 

これを考慮すると、
仮に住宅ローンを組んだ当初に
ボーナス併用を利用したとしても、

 

繰り上げ返済時には、ボーナス返済から充てていく
などの工夫をしていくことも大切になるということがいえます。

 

スポンサーリンク