教育費や老後を考えた住宅ローンの選択は?

教育費や老後を考えた場合の住宅ローンの選択は?@

子供一人を育てるには
約2,000万円ほどかかるといわれていますから、

 

住宅ローンを考えるときには、
その返済についてだけでなく、
子供の教育費や老後資金についても
考えなくてはなりません。

教育費や老後を考えた場合の住宅ローンの選択は?A

理想的な住宅ローン選びとしては、
子供がまだ小さいというご家庭のケースでしたら、
中長期の安定した返済や
ライフプランの変化への柔軟性に重点を置きたいところです。

 

ちなみに、教育費の場合には、
フロー部分とストック部分の
両面からの手当てが必要になります。

 

よって、返済可能額から
将来のフロー分の教育費をマイナスした金額を返済可能額とし、
その条件で借りられる住宅ローンを選択するようにします。

中長期の安定した返済に重点を置く場合には具体的にはどうなる?

現在の金利は大変低くなっていますが、
住宅ローンは、低金利であればどれでもよいというわけにはいきません。

 

ですので、たとえば次のようなポイントについて、
返済していく全期間でみた場合の
総負担額を考慮して検討する必要があります。

 

■金融機関の対応
■抵当権設定費用の負担の有無
■団体信用生命保険料は金利込みなのか
■保証料はかかるのか
■繰上返済や金利変更の際の手数料
■事務手数料の金額...etc

 

ちなみに、子供が小さいご家庭のケースでは、
今後生活費や教育費が増大していく可能性が大きいですから、

 

短期で低金利のものよりは、中長期で、
より安定した返済が可能なものを選んだ方がよいと思われます。

 

スポンサーリンク

ライフプランの変化に柔軟に対応した住宅ローンを選ぶ際のポイントは?

子供の成長とともに生活費も増大していきますから、
住宅ローンはこのような家族のライフプランの変化に柔軟に、
また機動的に修正できるものであることが重要です。

 

ですから、具体的には
次のようなところにポイントをおいて
住宅ローンを選択するようにします。

 

■繰上返済の使いやすさ
■最低限度額
■返済スタイルの変更
■変動から固定への金利タイプの変更のしやすさ、またはその手数料
■返済が滞ったときの救済制度

 

スポンサーリンク