新築住宅選びの住宅ローン/フラット35の借り換え...

土地は取得済みで、そこに住宅を新築する場合には?@

土地を取得済みで、
その土地に
注文住宅などを行うということになると、

 

以前は、
資金計画の中心は公庫融資でした。

土地は取得済みで、そこに住宅を新築する場合には?A

しかし、現在では、
公庫融資は原則廃止になっていますから、

 

今後、将来的に金利がピークを打ち、
長期固定金利ローンの利用は、
避けた方がよいという状況になるまでは、

 

フラット35を中心とした資金計画が
主流になるものと考えられます。

金利優遇などのあるフラット35を取り扱っているところはありますか?

フラット35を取り扱っている
住宅ローン会社のなかには、
住宅メーカーなどが設立した会社があります。

 

このような会社の場合、
親会社や提携先の住宅メーカーの物件に対して
金利優遇を行っていますので、

 

フラット35の利用を念頭に置いて
住宅建築業者を選択するということも重要になってきます。

 

スポンサーリンク

フラット35は土地についてもローンが組めますか?

フラット35では、2007年度は
「2005年4月1日以降に取得した土地」

 

今後取得する予定の土地であれば、
土地の取得にかかった費用も含めて
ローンを組むことが可能です。

 

また、フラット35は価格の上限は1億円ですから、
広範囲で利用することができます。

フラット35(保証型)の借換えについて

従来は、買換えをする場合には
民間住宅ローンを利用する必要がありましたが、

 

現在は、
フラット35(保証型)を利用することで
借換えをすることが可能になっています。

フラット35(保証型)の借換えのメリットは何ですか?

フラット35(保証型)の借換えを利用することのメリットとしては
以下のようなものが考えられます。

 

●民間住宅ローンとは違い、フラット35(保証型)は
低利の長期固定金利型ですので、
将来金利が上昇した場合のリスクが全くないことで安心といえます。

 

●借換えを実行する際の諸費用が少なくて済むことです。
具体的には、保証料が無料であることなどがあげられます。

 

●「買取型」とは違い収入基準が緩やかなので
承認が得やすくなっています。

 

具体的には、最高で年収に対して
40%までの返済負担率で利用可能です。

 

スポンサーリンク