中古一戸建て選びと住宅ローン

中古一戸建て住宅を購入する場合の住宅ローン選びは?@

中古一戸建て住宅を
購入する場合の住宅ローンですが、

 

以前は、物件に対する基準が厳しかったり、
住宅金融公庫融資の融資額が少なかったりしたので、
民間住宅ローンを利用するケースが多かったようです。

中古一戸建て住宅を購入する場合の住宅ローン選びは?A

ただし、最近では、
フラット35の登場により
融資条件が緩和されたので、

 

どういった住宅を取得する場合でも、
資金計画の中心はフラット35になっているようです。

 

ちなみに、フラット35は、価格が1億円までなら
物件価格の90%(最高8,000万円)まで利用可能です。

地方で中古一戸建てを購入するつもりなのですが…

地方で中古一戸建てを購入するケースでも、
フラット35が利用できるのであれば、
少ない自己資金でも
マイホームを取得できる可能性はあります。

 

それは、住宅ローンの借入比率は高くても、
物件価格が安いのであれば、
住宅ローンの借入金額は少なくて済むはずだからです。

 

よって、家賃よりも少ない負担で
住宅が取得できることも十分に考えられます。

 

スポンサーリンク

フラット35を使って中古一戸建て住宅を購入する際の留意点は?

フラット35を使って
中古一戸建てを購入する際の留意点としては、
「適合証明書」
がとれるかどうかということになるかと思われます。

 

といいますのは、
フラット35を利用する際には住宅の
「適合証明書」
をとらなければならないことになっているのですが、

 

中古一戸建ての場合ですと、
これがとれないということも考えられるからです。

 

もし「適合証明書」がとれないということになると、
民間住宅ローンを短期間で利用するということになります。

 

ただし、フラット35が利用できない住宅というのは、
住宅の性能等に問題があるということですから、
そのような物件は敬遠しておきたいところです。

 

スポンサーリンク