中古マンション選びと住宅ローン

中古マンションにおける住宅ローンのポイントは?

中古マンションというのは、
基本的には、契約後即入居できることが多いですから、

 

予定している返済期間ごとに、
取得時点でどの住宅ローン金利が高いかor低いかを
比較検討し、そこから融資を受けることになります。

中古マンションなら民間住宅ローンとフラット35のどちらがいいの?

中古マンションの場合でも
フラット35(買取型)が利用できる物件でしたら、
以下のような有利な面がありますので、
フラット35を選んだ方がよいでしょう。

 

■頭金が少ない
専有面積が30u以上の物件から利用できますので、
シングル向けの中古マンションの場合は
頭金も少なくて済みます。

 

■金利上昇リスクがない
中古物件の場合は、
購入から入居までの期間が短いことから、
入居前後(融資実行時)の金利が適用されても
金利上昇リスクはほとんどないといえます。

 

■最大90%までの借入れが可能
融資実行時 最大で
物件価格の90%まで借入が可能となっています。

 

ちなみに、物件価格が安いことなどから、
かなり短期の返済期間でローンが組めるようなケースでは、

 

民間住宅ローンの固定金利選択型(10年)のなかで
金利優遇キャンペーンを行っているところを選び、

 

返済期間を10〜20年ににすると、
結果的に負担が軽くなるということも考えられます。

基本的なスタンスとしてはどうするのがいいの?

それでは、結局のところ、
どう選択したらよいのかということになりますが、
基本的なスタンスとしては、以下のようになるかと思われます。

 

■長期の返済期間の場合
フラット35のなかで金利が低いところから借りる。

 

■10〜20年で返済期間が収まる場合
民間住宅ローンの「固定金利選択型」(10年)のなかで、
金利優遇キャンペーンを行っているところから借りる。

 

スポンサーリンク