貸出金利の種類・特徴とは?

貸出金利の種類・特徴について@

貸出金利には、
各金融機関が取り扱う
「上限金利設定型」「固定金利期間選択型」
「変動金利型」「フラット35」

 

住宅金融支援機構の金利がありますが、
それぞれ次のような種類・特徴があります。

貸出金利の種類・特徴についてA

■「上限金利設定型」の金利
各金融機関が取り扱う
「上限金利設定型」の金利というのは、
変動金利であるけれど
あらかじめ上限金利が決められているタイプのことをいいます。

 

このタイプは、期間内に金利が急激に上がったとしても、
上限金利以上には上がらない仕組みとなっています。

 

■「固定金利期間選択型」
各金融機関が取り扱う「固定金利期間選択型」の金利は、
金融市場でのデリバティブ手法
(資産の価格変動リスクを回避する方法等)
によって、各金融機関が独自に決定します。

 

ちなみに、利率は、
適用期間によって異なりますが、
一般的に長期であるほど利率は高くなります。

 

■「変動金利型」
各金融機関が取り扱う「変動金利型」の金利は、
一般的には、
各金融機関の長期基準金利+0.5%を基準にしています。

 

■「フラット35」
各金融機関が取り扱う「フラット35」の金利は、
証券化によるコストなどを見ながら、各金融機関が独自に決めます。

 

具体的な計算式は次のようになっていて、
毎月上旬に住宅ローン金利として発表されます。

 

住宅ローン金利=X+Y+Z
・X ⇒ 投資家に支払う利息(市場の需要によって決定)
・Y ⇒ 住宅金融支援機構が事業運営するための費用
・Z ⇒ 民間金融機関の受取額相当(管理・回収にかかる費用)

 

■住宅金融支援機構の金利
住宅金融支援機構の金利は、機構の証券化支援業務により
各民間金融機関において採用された「フラット35」の金利を調整して、
毎月上旬に金利が発表されます。

 

スポンサーリンク